運輸安全マネジメントに対する取り組み

 

当社では、「人に優しく・車に優しく・道路に優しく・地球に優しく」をスローガンに全社員が一丸となって「安心・安全」及び「法令遵守の徹底」への取り組みを行っております。

 

1. 輸送の安全に対する基本的な方針

 

 

社 訓

仙北富士交通株式会社の一員として、

自己の能力を磨き、

創意工夫と旺盛なチャレンジ精神を発揮し、  

安全運転に努め、

人の和と相互信頼に基づき、

公共の福祉に貢献するとともに、

お客様への感謝を忘れず、

お客様に愛される会社にします。

 

安全方針

 

① 安全の確保は輸送の生命である。

 関係法令及び安全管理規程の遵守は安全の基礎である。

 執務の厳正は安全の要件である。

 

安全の心得


  

① 人の和と節度ある生活に心掛けます。

② 気力を充実し規律ある行動をします。

③ 常に心の平静を保ち 心にゆとりをもって事にあたります。

④ “譲り合い思いやりの精神に徹します。

 

スローガン


  

「人に優しく・車に優しく・道路に優しく・地球に優しく」

  を主眼に、感謝の気持ちでサービス向上と安全運転に最善を尽くします。


2.
2018年度 輸送の安全に関する目標および達成状況

2018年度の輸送の安全に関する目標および達成状況は下記のとおりです。

目 標(件) 成 果(件)
車両人身事故 0 0 達成 (前年度比 ±0件)
車内事故 0 0 達成 (前年度比 ±0件)
車両故障事故 0 0 達成 (前年度比 ±0件)

無事故日数

7,730日 (平成10年から継続)

 

3.2018年度 事故に関する統計

2018年度の種別毎の事故発生件数は下記のとおりです。

事故種別

発生件数(件)

前年度比

車両人身事故 0 ±0件
乗客負傷事故 0 ±0件
0 ±0件

 

 

4.2018年度 輸送の安全のために講じた措置

 

 ドライブレコーダの映像を活用した乗務員指導・教育を行いました。

◆ 適性診断結果を活用した乗務員教育を継続的に行いました。

◆ 乗務員から収集したヒヤリ・ハット事故の芽情報を活用し、事故防止対策に役立てました。

◆ 貸切バス全車両に『デジタルタコグラフ』を導入しました。

 輸送の安全に関する投資状況(2018年度実績)は下表のとおりです。

項  目 実 績 額 摘  要
定期健康診断費(外部機関委託) 270.000 37名分
タイヤ購入費 3.000.000
デジタルタコグラフ購入費 9.000.000 23両分

 

5.2018年度 輸送の安全に関する教育および研修

 

  • 2018年12月4日に、宮城県バス協会が主催した「平成30年度第2回安全輸送全体会議」に運行管理者が参加しました。
  • 2019年1月29日に、宮城県バス協会が主催したセミナー「平成30年度バス事業に求められる安全性の確保」に代表取締役等が参加しました。

  • 2019年2月18日に、国土交通省宮城運輸支局が主催したセミナー「平成30年度東北運輸局自動車事故防止セミナー」に運行管理者が参加しました。
  • 2019年3月20日に、宮城県バス協会が主催した「平成30年度第3回安全輸送全体会議」に代表取締役が参加しました。

 

6.2019年度 輸送の安全に関する目標および重点施策

6-1 輸送の安全に関する目標

2019年度の目標は下記のとおりです。

項   目 目標値等

車両人身事故件数

ゼロ件

車内事故件数

ゼロ件

車両故障事故件数

ゼロ件

無事故日数

継 続

お客様からの苦情(クレーム)件数

ゼロ件

  

6-2 輸送の安全に関する重点施策

 2019年度の輸送の安全に関する重点施策は下記のとおりです。 

   ◆ 車両人身および車内事故の皆無を目標に、一つ一つの動作・操作を見直し、基本に立ち返って行動することを徹底していきます。

   ◆ 社員、乗務員には計画的また、タイムリーな教育・研修を行い、安全に対する意識高揚を図っていきます。

   ◆ 運転適性診断や健康診断を確実に行い、乗務員の心と体を恒常的に把握して安全運転に役立てていきます。

   ◆ 春・秋季に実施される全国交通安全運動や各種キャンペーンに参加するなど、地域への貢献を積極的に行っていきます。

 

6-3 輸送の安全に関する投資状況(2019年度予算)
項  目 予 算 額 摘  要

定期健康診断費(外部機関)

320.000

39名分

アルコール検知器(高性能タイプ)購入費

600.000

2コ営業所分

タイヤ購入費

3.800.000

部外教育委託費(バスジャック教育等)

150.000

救命救急講習会参加費

200.000

7. 輸送の安全に関する管理体制等

7-1 安全統括管理者 ・・・・・ 取締役  佐藤 和也    
7-2 安全管理規定 ・・・・・ 別紙(仙北富士交通株式会社 安全管理規定)

 

 

別紙第1・・・安全管理体制表

別紙第2・・・非常連絡体制表

別紙第3(乗務員指導年間予定表)

別紙第4・・・安全管理規定

安全管理規定(別紙3)・・・輸送の安全に関する情報に関する記録及び保存の方法