運輸安全マネジメントに対する取り組み

 

当社では、「人に優しく・車に優しく・道路に優しく・地球に優しく」をスローガンに全社員が一丸となって「安心・安全」及び「法令遵守の徹底」への取り組みを行っております。

 

1. 輸送の安全に対する基本的な方針

 

 
(1)社訓 仙北富士交通株式会社の一員として、

自己の能力を磨き、

創意工夫と旺盛なチャレンジ精神を発揮し、

安全運転に努め、

人の和と相互信頼に基づき、

公共の福祉に貢献するとともに、

お客様に感謝し、

お客様に愛される会社にします。

 

(2)スローガン

「人に優しく・車に優しく・道路に優しく・地球に優しく」

 を主眼に、感謝の気持ちでサービス向上と安全運転に最善を尽くします。

(3)綱領
  

① 安全の確保は輸送の生命である。

② 規定の遵守は安全の基礎である。

③ 執務の厳正は安全の要件である。

(4)安全の心得
  

① 人の和と、節度ある生活を心掛ける。

② 気力を充実し、規律ある行動をする。

③ 常に心の平静を保ち心にゆとりをもって事にあたる。

④ 憶測によらず法令基本を忠実に守る。

⑤ 譲り合いと、思いやりの精神に徹する。

 

2. 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

H27 H28

H29 (目標)

車両人身事故

0 0 0

車内人身事故

0 0 0

車両故障事故

0 0 0

(計)

0 0 0

無事故日数(平成10年より)

0 0

7,365日(目標)

 

3. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

  別紙第1・・・安全管理体制表

 

4. 輸送の安全に関する重点施策

 平成29年度の重点施策として下記項目の見直しを行い事故防止に努めます。

  (1)静止物事故の削減

  (2)車内人身事故の削減

  (3)飲酒運転の絶滅

 

5. 輸送の安全に関する計画

 当社では、月1回の営業所社長の巡視をはじめ、運行管理者会議を開催し、安全マネジメントの浸透を図ります。

 

6. 事故、災害時に関する報告連絡体制

  別紙第2・・・非常連絡体制表

 

7. 輸送の安全に関する教育及び研修計画

 (1)乗務員教育・・・別紙第3(乗務員指導年間予定表)

 (2)その他の教育及び研修等

   ア 新入社員登用教育

   イ 事故惹起者教育

   ウ 接遇不良者再教育

   エ 貸切バス乗務員教育

   オ 運転適性診断 (外部機関)

   カ 服務規律違反者教育

 

8. 輸送の安全に関するその他の取り組み

 (1) 全国交通安全運動(春・秋)

 (2) 全国火災予防運動(春・秋)

 (3) 年末年始の輸送等に関する安全総点検

 (4) 車内事故防止キャンペーン

 などへの積極的な参加を行います。

 

9. 輸送の安全に関する予算等の実績額

 ◎H28年度実績

  • 中古車購入

22,880,000

  • 運行管理者基礎講習

17,000円  3名)

  • 運転適性診断(外部機関)

23,000円  5名)

  • 健康診断  (外部機関)

176,000円 22名)

  • タイヤ購入(新品)

3,800,000

 ◎H29年度予算

  • 中古車購入

35000000

  • 運行管理者基礎講習

17,000円  3名)

  • 運転適性診断(外部機関)

23,000円  5名)

  • 健康診断  (外部機関)

176,000円 22名)

  • タイヤ購入(新品)

1000000

 

10. 安全統括管理者、安全管理規定

①安全統括管理者

取締役 佐藤 和也

②安全管理規定

別紙第4・・・安全管理規定